男性機能について|勃起機能Guide

勃起とPDE-5とcGMP

勃起とPDE-5とcGMP

脳が受け取った性的な刺激が勃起神経を伝わって、男性器の動脈や海綿体が弛緩することによって勃起がもたらされます。勃起神経に興奮が伝えられると、まず一酸化窒素が放出され、これが海綿体の平滑筋細胞に作用します。

 

それから平滑筋細胞では筋肉や血管の弛緩作用を持つcGMPと言う神経伝達物質がつくられます。この細胞に作用で海綿体と動脈の平滑筋が緩み、男性器に大量の血液が流れ込むようになります。

 

男性器が勃起するにはこのように血管の収縮によっておこります。その作用を大きく左右するのがcGMPです。この物質が製造されないと十分な勃起を起こすことができません。EDとなるのです。

 

勃起を起こす物質であるcGMPを分解する物質があります。それがPDE-5と言います。この物質は勃起を週くさせる働きがあります。そのためにどんなにたくさんのcGMPが製造されても、それ以上にPDE-5がたくさん製造されてしまうと、これも勃起がうまくいきません。

 

ED治療薬にはこのPDE-5の働きを弱めることができるので、少しのcGMPでも勃起することができるという仕組みです。イメージとしては男性器の血液をとどめておく栓が外れることがないので、時間はかかるかもしれませんが、確実に血液が溜まるということです。