男性機能について|勃起機能Guide

勃起するしくみ

勃起するしくみ

男性器はとっても大事な器官です。ただ小便をするためにある器官ではありません。

 

しかし、そのことを男性自身はどれだけ知っているのでしょうか?

 

勃起する器官である男性器はこのような仕組みになっているのです。まずは2種類の海綿体があります。男性器の包皮から出ている部分を亀頭と呼びます。個人差がありますが通常時の長さは7センチほどです。勃起することで体積が3倍ほどに膨れ上がり、長さも12センチほどになります。

 

海綿体がなかにあるのですが、尿道海綿体と陰茎海綿体に2つの海綿体が男性器には含まれています。

 

尿道海綿体は男性器の下側に位置し、先端は亀頭を形成する役割を担っています。小便や精液の通り道である尿道は、この尿道海綿体の中を走っている構造となっています。この尿道海綿体の上の部分についているのが陰茎海綿体です。

 

海綿体とはスポンジの形状をしており、血液が含まれることにより、硬く大きくなることができます。勃起時に硬くなるのは、男性器の上に位置する陰茎海綿体であり、内部に位置する尿道海綿体はそれほど硬くはなりません。しかし、膨れ上がることで血液をたくさん含むことができるようになり、大きさの維持に役立っています。さらに亀頭部分が尿道海面地であるために、ある程度の柔らかさを保つことができるので、挿入時に女性器を気付つけることがないようになっています。

 

勃起が起こるスイッチ

勃起が起こるスイッチ

男性なら、勃起が起こるスイッチがどのようになっているのかを知っている人がほとんどかもしれませんが、実は、自分自身も知らない間に勃起してしまうこと、自分の意志とは反して勃起してしまうこともあるのです。

 

性器が勃起するには、脳や神経、そのほかにも伝達物質の働きなど様々な要因がかかわっていることを知っている人は少ないのではないでしょうか?

 

実は、このうちに一つでも正常に働いていないと、勃起することができずに、EDとなってしまうのです。それほど勃起が起こるのはデリケートなことなのです。

 

まずは脳が性的刺激を察知することが勃起のスイッチとなります。しかし脳が受け取る性的刺激には様々な感覚があります。まず一般的には触覚です。女性が体に触れてきたりすることで起こる性的刺激です。もちろん、触れている女性によっても、触れられる場所によっても性的刺激の度合いも違っています。

 

それ以外に視覚によるもの、聴覚によるもの、嗅覚によるもの、単純に空想によるものなどもあります。これらのものが合間見合って、脳が性的刺激だと判断すると、勃起神経に信号が伝えられ脊髄を通って、男性器へと勃起が起こるスイッチがオンになるのです。

 

朝立ちなども、夢で性的刺激を受けることによって、勃起のスイッチがオンになっているようです。

 

バイアグラは回春剤ではない

勃起不全治療薬として、多くの男性が関心を寄せているバイアグラですが、勃起不全の治療薬であり回春薬や精力剤のような効果を期待することは間違っています。

 

年齢の性で性欲が湧いてこないから、バイアグラを飲んでみようというのは間違いです。性欲は男性ホルモンがつかさどる欲望です。バイアグラを服用する前に、まずは男性ホルモンを増やすことを考えた方が、症状改善には早いでしょう。

 

性行為をしたいと考えているのに、充分な勃起を得ることができずに悩んでいる人、そういう人たちのための勃起不全治療薬がバイアグラなのです。

 

バイアグラを飲んだからと言って、むらむらしてくるようなことはありません。また回春剤の効果を目的としていいる間違いもあれば、早漏改善の効果を期待するという間違いもあるようです。しかし、早漏に関していえばバイアグラは、効果が持続している間は、射精しても再度勃起することができるので、回数で勝負するなら早漏の不満も少しは解消されるかもしれません。

 

私もくすりエクスプレスでバイアグラを購入し飲んでいますが、効果は3時間ほど続くように感じています。その間は射精しても、また勃起することができるので、もともと早漏気味でしたが、回数を増やすことで、早漏に対する不満は解消されています。


更新履歴